ワンマンズドリームⅡの当選確率は?実際に計算してみた

東京ディズニーランドの人気ショー「ワンマンズドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン」の当選確率(抽選倍率)を実際に計算してみました。具体的な数字で表しているので、どのくらいの確率で当選するのかが分かりやすくなっています。

ワンマンズドリームⅡとは、東京ディズニーランドのショーで、トゥモローランドにあるショーベースで毎日公演されています。

このショーは2004年に公演が始まり、小規模なリニューアルが何度か実施されながらも、10年以上にわたり公演が続いている人気のショーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショーを鑑賞するには

ショー会場となるショーベースは、ステージに対して扇状に座席が広がっており、自由席ブロックと指定席ブロックが存在します。

自由席はステージに向かって左右のブロックにあり、先着順に並び、定員になり次第案内終了となります。

指定席は、ステージ向かって正面の座席ブロックで、抽選を行い当選した場合にのみ鑑賞することができます。

抽選の方法ですが、抽選所に行くか、もしくは自分のスマートフォンでも抽選できます。

抽選所は、ショーベースから少しパーク奥方向に進んだ、スペースマウンテンの入口の近くにあります。時間帯によっては、抽選を行うまでに少し並ぶ可能性もあるので、時間に余裕を持って行った方が確実です。(抽選できる時間は、各回ショー開演時間の30分前までとなります)

一方、自分のスマートフォンで抽選する場合には、専用のアプリをインストールする必要があります。アプリからパスポートのQRコードを読み込んで、抽選します。パーク内のどこにいても抽選でき、なおかつ抽選待ちをする必要がないので、効率よく時間を使うことができます。(抽選できる時間は、各回ショー開演時間の1時間前までです。)

10人に1人!? 抽選の倍率は?~当選確率の計算~

抽選に当たれば、ステージ正面の座席かつ確実に鑑賞できるため、是が非でも当選したいという方も多いのではないでしょうか。しかし、(私を含めて)何度行っても当選しない…という方も多いはず。

そもそも、当選確率はどのくらいなのでしょうか?いくつかの数値を仮定して、おおよその当選確率を計算してみました。

まず、ワンマンズドリームⅡの公演会場であるショーベースの座席数は、およそ1300席となります。

このうち、自由席ブロック(座席全体の3割と推定)は抽選の対象外となるので、指定席(座席全体の7割と推定)を抽選の対象として考えます。

ショーの公演回数を、平日・土日ともに5回公演(=1回目の公演は全席自由席のため、抽選対象は公演は4回分)とすると、1日あたりの抽選対象の総鑑賞席数は、

平日・土日:1300席×70%×4回公演=3640席

このうち、およそ10%がバケーションパッケージ専用の予約席と仮定すると、抽選の対象となる席数は、

平日・土日:3640席×90% =3276席

と推定されます。

東京ディズニーランドへの入園者数を平日で4万人、土日で7万人と仮定します。

入園者の60%が、ショーの鑑賞を希望して抽選をすると仮定すると、抽選に参加するゲストの人数は、

平日:40,000人×60%=24,000人

土日:70,000人×60%=42,000人

以上より計算される、ワンマンズドリームⅡの抽選の当選確率(推定値)は、

平日:3276席÷24,000人=0.137=13.7%(100人中14人が当選)

土日:3276席÷42,000人=0.078=7.8%(100人中8人が当選)

となります。

平日・土日ともに10%程度の当選確率となり、ワンマンズドリームⅡの当選確率はかなり低いことが分かります。

あくまで仮定を置いて計算した値なので、どこまで実態に近い値かは分からないですが、かなりの倍率を乗り越えないと当選できないことは確かなようです。

絶対にショーを見たいという方は、先着順となる1回目公演、もしくは2回目公演以降の自由席ブロックでの鑑賞を目指して並ぶか、もしくはバケーションパッケージを利用して確実にショーを鑑賞できるように計画してから来園するのが望ましいと思われます。

当選確率カレンダー

パークの混雑予想から、日付別の当選確率を算出しました。パーク来園日が決まっている場合には、下記リンク先にあるカレンダーの日付をクリックして、ピンポイントでの当選確率を確認してみてください。

【ディズニーランド・シー 月別混雑予想】ショー当選確率とアトラクション・ショップ・レストラン混雑予想
このページでは、東京ディズニーランド/東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーを掲載しています。パーク来園計画の参考としてご利用下さい。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク