【3人に1人だけ!?】トイストーリーマニアの驚くべき回転率とは?

なぜ、トイストーリーマニアはいっつも混雑しているのか…

東京ディズニーリゾートで最も人気のあるアトラクションといっても過言ではない、トイストーリーマニア。

長時間待ちが当たり前のアトラクションで、空いている平日でも1-2時間、混雑期の休日ともなれば4時間待ちもにもなり、乗るためにはそれなりの覚悟と計画が必要不可欠となります。

そんな大人気アトラクションであるトイストーリーマニアの回転率はいかほどのものなのでしょうか。もちろん回転率のデータなど持ち合わせていないので、条件を仮定し、それに基づいてトイストーリーマニアの回転率を推定してみました。

ちなみに、トイストーリーマニアの人気の理由は、下記の記事でまとめています。

【混雑の理由】トイストーリーマニア 人気の秘密とは?
東京ディズニーリゾートで最も人気のあるアトラクションといえば、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある、トイストーリーマニアで...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【3人に1人!?】トイストーリーマニアの回転率

ゲストの乗車時間を1分として仮定すると、トイストーリーマニアの乗り物は1台あたり4名乗車可能で、乗り物は一度に4台出発するので、1時間あたりの乗車可能人数は、

1分(ゲストの乗車時間)×4人(1台あたりのゲストの乗車数)×4台(一度に出発する台数)×60分(1時間)=960人/1時間

トイストーリーマニアの営業時間を、

営業開始:7時45分(8時開園日のアーリーエントリー対象ゲストの入場開始時間)

(アーリーエントリーとはディズニーホテル宿泊者が開園15分前に入場できる制度のこと)

営業終了:22時30分(22時閉園日を想定し、最後のゲストがアトラクションに乗車するまで、閉園から30分かかると推定)

営業時間合計:14時間45分

と仮定すると、この時間内でトイストーリーマニアに乗車できるゲストの数は、

960人(1時間あたりの乗車ゲスト数) × 14時間45分 =14,160人

つまり、1日あたりおよそ1万4,000人のゲストがトイストーリーマニアを体験できる計算です。

東京ディズニーシーの1日あたりの来園者数は多い日で4ー5万人と言われており、上記推定に基づくと、混雑日は来園者の3人に1人程度しか、トイストーリーマニアに乗ることができないと思われます。

トイストーリーマニアは超人気アトラクションですが、その日に来園する全てのゲストが乗れるわけではないようなので、ファストパスを利用したり、比較的空いている時間を狙って列に並ぶなど、計画的かつ確実に乗りたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク