【バイトなのに「入社式」?】ディズニーキャスト採用後の流れ(入社)

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーを支えている人と言えば、なんといってもキャストさんです。いつも笑顔でテキパキと仕事をこなし、困ったゲストを見つけると助けてくれる、まるでヒーローのような存在です。子どもの頃、キャストさんにあこがれて、将来はキャストさんになるのを夢見た方もいるのではないでしょうか。

でも、キャストになるにはどうすればいいのか分からない…。そこで、あこがれのディズニーキャストになるまでの流れをご紹介します。本記事は第三弾として、キャストのアルバイトとして採用されてから入社までの流れをまとめました。

採用までの流れは、下記記事をご覧下さい。

【キャストになるのは難しい?】ディズニーキャストになるまでの流れ(情報登録~アルバイト面接申込み)
東京ディズニーランド/東京ディズニーシーを支えている人と言えば、なんといってもキャストさんです。パーク内では、ミッキーマウスやミニーマウスな...
【アルバイトなのに面接は厳しい!?】ディズニーキャストになるまでの流れ(面接)
東京ディズニーランド/東京ディズニーシーを支えている人と言えば、なんといってもキャストさんです。社員がいなくとも、キャストだけでもパークを運...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

①採用連絡

登録期間内に紹介できる仕事があると、キャスティングセンターから連絡があります。この際、紹介できる職種や勤務形態などを説明してくれますので、自分の中で受け入れることができるか考えましょう。

基本的には、面接の時に希望した内容の仕事を紹介してくれますが、「接客職種全般」など幅広い条件で希望した場合には、どういった職種を自分がやることになるのか、よく確認しましょう。

また、この時点で自分が勤務するアトラクションやショップ、レストランが決まっている場合もあるので、キャスティングセンターの方に確認してみましょう。一言でアトラクションやショップ、レストランといっても、屋外での勤務が中心のものから、屋内での勤務が中心のもの、ゲストと接する機会が多いものから少ないものまで、様々な形態が存在します。自分がイメージしているものに近いのか、可能な限り確認してみましょう。

採用後は、基本的に別の職種、勤務形態に変えることはできません。そのため、ここでよく考えて、紹介してもらった仕事を受け入れるかどうか判断しましょう。

②採用決定!

紹介してもらった仕事を受け入れると、無事に採用決定となります。

採用後、キャスティングセンターから自宅に入社に必要な書類が送られてきます。雇用契約に必要な情報などを記入するものになりますので、内容をよく読み、必要な箇所に記入しましょう。

また、入社までにディズニールックと呼ばれる身だしなみ基準をクリアする必要があります。このディズニールック、かなり詳細なとこまで規定されており、厳しいものとなっています。

具体的には、髪の長さや色(男女ともに)、メイクの濃さや爪の長さまで、非常に細かく規定されています。特に髪の長さについては、ディズニールックの規定をよく確認し、必要に応じて事前に美容院で髪を整えておきましょう。

このディズニールックをクリアしないと、キャストとして働くことができません。

③入社日当日

いよいよ入社日を向かいます.。入社日当日の服装は事前に送られてくる書類に記載されていますが、基本的にはスーツ着用となります。また、改めて事前にディズニールックを確認しておきましょう。

入社日当日は、遅刻することのないよう少し時間に余裕を持って会場向かいましょう。入社式といっても、それほど堅苦しいものではありません。まず、一人ひとりディズニールックの確認が行われます。その後、必要書類の提出、内容確認を行い、ディズニーキャストとしての心構えや行動基準などといった、すべてのディズニーキャストに必要な考え方を学びます。

そして、各部門に配属となります。各部門の担当者から、部門の概要や役割などを説明された後、今後の研修スケジュールについて説明されます。今後は、ここで説明される研修スケジュール(座学中心のものと、実際に勤務場所で行われるOJTの大きく2つに分かれます)に基づいて研修が進み、研修が終わると晴れてキャストデビューとなります。

本記事では、キャスト入社式での流れを中心にご紹介しました。ここから先の流れは、キャストになった方一人ひとり次第で決まります。どうか、素敵なキャストさんになってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク