【東京ベイ舞浜ホテルの紹介:ブログ】ディズニーオフィシャルホテルへの旅行

東京ディズニーリゾートの周辺には、4つのディズニーホテルと、6つのディズニーオフィシャルホテルがあります。

今回はその中から、東京ベイ舞浜ホテルにスポットライトを当てて、実際に筆者が宿泊した際の体験を踏まえて、様々な観点から紹介します!(各項目の星の数は、筆者の主観による満足度を示しています。)

東京ディズニーランド・シーに遊びに行く際、宿泊場所に困ったら是非ご覧下さい。(記事作成時の情報をもとにしています。最新の情報は東京ベイ舞浜ホテルの公式ホームページにてご確認下さい。)

他のオフィシャルホテルとの比較はこちらから。

【おすすめランキング】ディズニーオフィシャルホテルの比較
東京ディズニーリゾート周辺には、6つものディズニーオフィシャルホテルがあります。 6つもあると、どこのホテルに泊まったらよいか迷ってし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

価格:★★★★☆

東京ベイ舞浜ホテルは、シーズンにもよりますがディズニーオフィシャルホテルの中で比較的安い価格設定がなされていることの多いホテルです。標準的な部屋で、閑散期の平日では6千円前後から、混雑期の土日では2万円弱となります(いずれも大人2名時/1泊の1名当たりの価格の目安)。1人当たりの宿泊料金が安いため、友達同士やファミリーでの利用に特におススメのホテルです。時期によっては割引セールも実施していますので、上手く利用すれば宿泊費をさらに抑えることが可能です。

客室:★★★☆☆

スタンダードフロア(3~9階)、ハースフロア(10~11階)、スイート(11階)の大きく3フロアに分かれています。各フロアごとに、ハーモニールーム(東京湾側)とシンフォニールーム(パーク側)と異なる眺めを楽しむことができます。

スタンダードフロアは、ベージュを基調としたシンプルな内装が特徴的な客室で、リラックスして過ごすことができます。ベッドは2台ならんだ状態で置かれているので、子どもと添い寝することができます(ベッドを離すことも可能)。また、貝殻をモチーフにしたバスタブ内にはステップが設けられているため、半身浴も気軽に楽しむことができます。

ハースフロアは、スタンダードフロアの上位客室という位置づけで、くつろぎと快眠のためのお部屋です。ベッドはクッション性、吸湿性、通気性を兼ね備えた四層構造になっており、またシャンプーやボディソープにはお肌に優しい植物由来のものを使用しています。空気清浄機や加湿器も設置されているほか、冷蔵庫内にある海洋深層水のペットボトルも無料で飲むことができます。さらにさらに、特別会場での朝食、優先カウンターでのチェックイン、大浴場の利用料無料などなど、ホテルの滞在を満喫できるいろいろな工夫がなされていました。

筆者は以前、スタンダードフロアとハースフロアそれぞれのハーモニールームに宿泊したことがありますが、ハースフロアの客室は温かみのある内装でほっと一息つくことができました。ベッドも軟らかすぎず硬すぎず、身体を包み込むような感じのベッドで、その上質さを実感することができました。冷蔵庫の飲み物が無料で飲めるのも、嬉しいサービスでした。

施設:★★★☆☆

パークのお土産を購入可能なショップやレストランに加えて、コンビニ、フラワーショップ、さらにはホテル1階にはカフェとベーカリーもあります。また、有料ですがスパ・サウナもあります。最終受付が24時半までなので、パークから戻った後でもゆっくり利用することができます。特にユニークな施設はありませんが、一通りの施設は揃っているので、ホテルでの滞在には困らないと思います。

サービス:★★★☆☆

接客サービスは他のホテルと比べて遜色ありません。荷物の預かりや宅急便の発送などといった基本的な内容に加えて、ホテル内でのチケット購入や入園制限時の入園保証など、ディズニーオフィシャルホテルの特典サービスももちろん受けられます。

その他、各客室では無料Wi-Fiが使用可能です。ルームデリバリーのサービスはありませんので、食事はホテル1階のレストランやベーカリーを利用する必要があります。

朝食:★★☆☆☆

スタンダードフロア宿泊者は、ホテル1階のレストラン「ファインテラス」で食べることができます。洋食と和食のバラエティにとんだメニューになっています。和洋ブッフェで一般的に出されるようなメニューは一通りありますが、東京ベイ舞浜ホテルならではのメニューはありませんでした。味の方も、特段美味しいというものはなく、ごく普通の朝食だったという印象です。

また、朝食はこの1Fのレストランのみのため、開店時間の7時から8時頃までは、朝食を食べてからパークに向かう人が多いため、特に混雑する可能性があります。時間に余裕を持ってレストランに向かうことをおススメします。

ハースフロア宿泊者は、予約制ですが特別会場で朝食をとることができます。メニューはブッフェではなく、アメリカンブレックファーストか和食御前のどちらかを選ぶことができました。

交通:★★★☆☆

パークから東京ベイ舞浜ホテルへ行くには、まずディズニーリゾートラインでベイサイドステーションまで行く必要があります。ホテルへはベイサイドステーションから徒歩で移動することも可能です(徒歩約8分)。しかし、大きな荷物を持っている場合には、ホテルまでの無料シャトルバスも運行されているので、こちらを利用することもおススメします。

ただし、「東京ベイ舞浜ホテル」と似た名前の「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」というホテルがあることに気をつける必要があります。これら2つのホテルへは、同じシャトルバス(共同運行バス)に乗って行くのですが、降りる場所を間違えてしまうと違うホテルに到着してしまうので、自分の泊まるホテルがどちらなのかをよく確認し、バス車内の放送をよく聞いて、降りる場所を間違えないようにしましょう。

ホテルと舞浜駅間も無料のシャトルバスが運行されています。

総合:★★☆☆☆

オフィシャルの中では安めの宿泊料金であり、友達同士やファミリーでの利用から、大切な人と2人きりでの利用まで、幅広く利用できるのも特徴的です。朝食は期待できませんが、特にハースフロアの満足度は高いです。スタンダードフロアを比べて若干割高にはなりますが、割引セール時など安い料金で利用できるときにはハースフロアに宿泊してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク