【サンルートプラザ東京の紹介:ブログ】ディズニーオフィシャルホテルへの旅行

東京ディズニーリゾートの周辺には、4つのディズニーホテルと、6つのディズニーオフィシャルホテルがあります。

今回はその中から、サンルートルプラザ東京にスポットライトを当てて、実際に筆者が宿泊した際の体験を踏まえて、様々な観点から紹介します!(各項目の星の数は、筆者の主観による満足度を示しています。)

東京ディズニーランド・シーに遊びに行く際、宿泊場所に困ったら是非ご覧下さい。

(記事作成時の情報をもとにしています。最新の情報はサンルートプラザ東京の公式ホームページにてご確認下さい。)

他のオフィシャルホテルとの比較はこちらから。

【おすすめランキング】ディズニーオフィシャルホテルの比較
東京ディズニーリゾート周辺には、6つものディズニーオフィシャルホテルがあります。 6つもあると、どこのホテルに泊まったらよいか迷ってし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

価格:★★★★☆

サンルートプラザ東京は、シーズンにもよりますがディズニーオフィシャルホテルの中で最も安く宿泊できることの多いホテルです。標準的な部屋で、閑散期の平日では5千円前後から、混雑期の土日では1万~1万5千円前後となります(いずれも大人2名時/1泊の1名当たりの価格の目安)。一部屋あたりの宿泊人数が増えれば、さらに1人あたりの価格が下がるので、3人以上の友達同士や、ファミリーでの利用にもおススメのホテルです。

客室:★★★★☆

コンセプトルームと、デコレーションルーム、スタンダードルームの大きく分けて3種類あります。

コンセプトルームは、パークで過ごした余韻をそのまま感じることのできる内装のお部屋です。おとぎ話のお城をテーマにしたキャッスルルームや、大型客船の船長気分を味わえるキャプテンズルーム、西部開拓時代の冒険家の館をイメージしたフロンティアルームなど、たくさんの種類のお部屋があります。お部屋の中だけではなく、各階のエレベーターホールや、そこからお部屋に続く通路までもが各コンセプトルームのイメージで統一されています。

筆者は以前、キャッスルルームに宿泊したことがありますが、エレベーターを降りた瞬間に、エレベーターホールの壁一面に描かれた馬車が目に飛び込んできました。そのあと部屋まで続く通路には、シンデレラのガラスの靴や、美女と野獣に登場する赤いバラが展示されていて、部屋に入る前からまるでおとぎ話の世界に入り込んだような気分にさせてくれます。部屋の内装は一見するとシンプルですが、ディズニープリンセスやシンデレラ城の絵が飾られており、部屋の中でもパークの余韻を楽しむことができるようになっています。一方、部屋の大きさ自体は他のオフィシャルホテルよりもやや狭い印象を受けました。

施設:★★☆☆☆

パークのお土産を購入可能なショップやレストランに加えて、コンビニやフラワーショップがあります。また、1Fフロント横には子ども向けの簡単なキッズスペースがあり、チェックイン・アウトの手続き時には子どもを遊ばせておくこともできます。一部のオフィシャルホテルにあるベーカリーショップやカフェなどはありません。

サービス:★★☆☆☆

接客サービスは他のホテルと比べて遜色ないと思います。荷物の預かりや宅急便の発送などといった基本的な内容に加えて、ホテル内でのチケット購入や入園制限時の入園保証など、ディズニーオフィシャルホテルの特典サービスももちろん受けられます。

その他ですが、まず無料Wi-Fiは客室内では使えず(一部ハイグレードの客室では使用可能)、ロビーでのみ使用可能です。客室内で使用したい場合には、フロントにて有料のモバイルWi-Fiをレンタルする必要があります。

また、お菓子セット付きプランが販売されていたり、ホテル内で行われる参加無料のシーズンイベントが開催されていたりするので、ホテルでの滞在も充実させることができます。

朝食:★★☆☆☆

レストランごとに、和食/洋食と異なる内容の朝食バイキングを楽しむことができます。ホテル1Fにあるレストラン「浜風」では、バイキング形式で和の朝食を楽しむことができ、調理人が目の前で料理をしてくれるライブキッチンでは、できたての焼き魚や出し巻き卵を楽しむことができます。

筆者が宿泊した際には、1Fのレストラン「カリフォルニア」の洋食バイキングを利用しましたが、ライブキッチンのオムレツはまさに「ふわとろ」な食感がたまりませんでした(オムライスに加えて、ソーセージが美味しかったのが印象的でした)。ただし、ライブキッチンでのオムレツの提供は他のホテルでも行っており、サンルートホテル東京ならではの目新しさをあまり感じませんでした。また、フレッシュなサラダが充実していたのは好印象でしたが、フルーツやデザートの品揃えが今ひとつでした(私がレストランに行った時間が遅かったせいかもしれませんが…)。

交通:★★★★☆

サンルートホテル東京は東京ディズニーランドから最も近いオフィシャルホテルです。そのため、オフィシャルホテルで唯一、東京ディズニーランドとホテルの間で直通無料バスが運行されています。

東京ディズニーシーからホテルに行く際には、ディズニーリゾートラインにてベイサイドステーションまで行き、そこから無料シャトルバスを利用できます。

(東京ディズニーランドに一番近い一方で、ベイサイドステーションからは最も遠いオフィシャルホテルです。ベイサイドステーションからホテルまでは徒歩15分程度かかるため、シャトルバスの待ち列が多少長くても、バスを利用することをおススメします。)

ホテルと舞浜駅間も無料のシャトルバスが運行されています。

総合:★★★☆☆

部屋がやや狭い印象を受けますが、宿泊料金が低価格で、かつ非日常的なコンセプトのお部屋の種類が充実している点から、友達同士やファミリーでの利用に最適なホテルといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク