【シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの紹介:ブログ】ディズニーオフィシャルホテルへの旅行

東京ディズニーリゾートの周辺には、4つのディズニーホテルと、6つのディズニーオフィシャルホテルがあります。

今回はその中から、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにスポットライトを当てて、実際に筆者が宿泊した際の体験を踏まえて、様々な観点から紹介します!(各項目の星の数は、筆者の主観による満足度を示しています。)

東京ディズニーランド・シーに遊びに行く際、宿泊場所に困ったら是非ご覧下さい。(記事作成時の情報をもとにしています。最新の情報はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの公式ホームページにてご確認下さい。)

他のオフィシャルホテルとの比較はこちらから。

【おすすめランキング】ディズニーオフィシャルホテルの比較
東京ディズニーリゾート周辺には、6つものディズニーオフィシャルホテルがあります。 6つもあると、どこのホテルに泊まったらよいか迷ってし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

価格:★★☆☆☆

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、シーズンにもよりますがディズニーオフィシャルホテルの中で比較的高い価格設定がなされていることの多いホテルです。標準的な部屋で、閑散期の平日では1万円前後から、混雑期の土日では2万円台半ばとなります(いずれも大人2名時/1泊の1名当たりの価格の目安)。1人当たりの宿泊料金が高い分、グループでの利用はあまりおすすめできませんが、夫婦やカップルなどで二人きりの特別な時間を過ごすにはおすすめのホテルです。時期によっては割引セールも実施していますので、上手く利用すれば宿泊費を抑えてグループやファミリーでお得に利用することも可能です。

客室:★★★★☆

パークウイングルーム、スタンダードルーム、オーシャンドリームルーム、グランデルーム、トレジャーズルームの他に、グレードの高いシェラトンクラブルームとジャパニーズスイートがあります。パークウイングルームの一部は「ドッグフレンドリールーム」となっており、愛犬と一緒に宿泊することも可能です。どの部屋も36平米以上と広く、快適な滞在を楽しむことができます。

それぞれの客室は異なるコンセプトの内装となっており、パークウイングルームは南国のシーサイドリゾートをイメージしており木を基調とした内装、スタンダードルームは明るい色調のゆとりある内装、オーシャンドリームは豪華客船でのクルージングをイメージした内装、トレジャーズルームはホテルオリジナルマスコットの「ペントン」とその仲間たちがいるポップな内装となっています。様々な種類の客室があるので、誰と行くかによって使い分けることが可能です。

施設:★★★★★

パークのお土産を購入可能なショップやレストランに加えて、深夜12時まで営業しているコンビニに加えて、フラワーショップやお土産屋さん、ドラッグストアが並ぶショッピングプロムナードがあります。さらに、複合施設「オアシス」があり、フィットネスクラブや浴場、室内プールとガーデンプール、さらには子どもが遊べるキッズランド、パターゴルフ場、ゲームセンターまであるので、飽きることなくホテルでの滞在を満喫することができます。施設に関しては舞浜地区でもかなり充実しているホテルです。

サービス:★★★☆☆

接客サービスは他のホテルと比べて遜色ありません。荷物の預かりや宅急便の発送などといった基本的な内容に加えて、ホテル内でのチケット購入や入園制限時の入園保証など、ディズニーオフィシャルホテルの特典サービスももちろん受けられます。

また、子どもの誕生日にはバースデータオルアートとお誕生日ペンダントカードをプレゼントしてもらえます。大人用には結婚記念日用のタオルアートもプレゼントしてもらえます。有料にはなりますが、ケーキ・花束・フルーツ・シャンパンの手配も可能です。

朝食:★★★★☆

朝食は、複数のレストラン・カフェで実施しています。朝の6時半からオープンしている「グランカフェ」では、和洋中のブッフェを満喫することができます。気軽に利用できるカジュアルダイニング「ガレリアカフェ」では、日替わりの卵料理やパンケーキ、おかゆなどを食べることができます。カフェで気軽に食べたい時にはホテル2階の「カフェトスティーナ」でコーヒーやパンを食べることができます。部屋で朝食を食べたいときにはルームサービスを利用することも可能です。

おすすめは「グランカフェ」での朝食ブッフェ。パンの種類が豊富で、中でもシェラトン特製のクロワッサンは外がサクサクでおすすめの一品です。また、郷土の味を楽しむことのできるつみれ汁「浦安汁」は、千葉県産の食材をふんだんに使った一品です。これらのオリジナリティあふれる料理のほかにも、メニューの種類は充実しており、満足度は高いです。

しかし、ホテルの客室数が多いため、レストランの混雑も覚悟しなければなりません。時間に余裕を持って利用することをおすすめします。

交通:★★★★☆

パークからシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルへ行くには、まずディズニーリゾートラインでベイサイドステーションまで行く必要があります。ホテルはベイサイドステーションの目の前にあり、徒歩で移動することも可能です(徒歩約1-2分)。しかし、大きな荷物を持っている場合には、ホテルまでの無料シャトルバスも運行されているので、こちらを利用することもおすすめします。

ホテルと舞浜駅間も無料のシャトルバスが運行されています。

総合:★★★☆☆

オフィシャルの中ではやや高めの宿泊料金に設定されているものの、夫婦やカップルでの利用や、ファミリーでの利用にもおすすめのホテルです。客室は広くゆったりと利用できます。また、ホテル内の施設が充実していますので、1日目はパークで思いっきり遊び、2日目はホテル内の施設を満喫することも可能です。様々な用途で宿泊できるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク