【当選確率は低い!?】イッツ・クリスマスタイム!のショー内容と当選確率

2018年冬から新しく始まるクリスマスショー「イッツ・クリスマスタイム!」。このショーにも、抽選制が導入され、一部鑑賞エリアに入るためには、抽選をして当選することが必要となります。

パークの他のショーでも座席抽選制が導入されていますが、この抽選、毎回当たらないという経験をされている方は(私を含めて)多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では「イッツ・クリスマスタイム!」の当選確率はどれくらいなのか、おおよその確率を計算してみました。

(*記事執筆時点での情報と、これまでのハーバーショーの抽選情報を参考に計算しています。ショー公演回数などが変更になり、計算結果も変更になる可能性があります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①ショーの内容

「イッツ・クリスマスタイム!」は、メディテレーニアンハーバーで公演される、ディズニーの仲間たちが贈る、クリスマスの音楽と本格的なライブパフォーマンスにあふれた、新しい昼のハーバーショーです。シンガーの歌声にのせてダンサーたちの軽快なタップダンスや美
しいラインダンスが次々と展開されるこのレビューショーは、ゲストを素敵なクリスマスへ誘います。

<ストーリー>

ディズニーの仲間たちが贈るこのショーでは、シンガーの歌うクリスマスメドレーにのせて色とりどりの衣装に身を包んだダンサーが登場し、クリスマスの名曲に合わせて軽快なタップダンスや足並みの揃った美しいラインダンスなどを披露し、ゲストを魅了します。

ショーの終盤にはミッキーマウスやディズニーの仲間たちがステージ上に集い、大切な人と過ごすクリスマスの喜びを分かちあうと水上に2 つのツリーが立ち上がり、サンタクロースとダッフィー&フレンズも船でかけつけ、盛り上がりは最高潮に達します。最後には、パフォーマー全員による圧巻のラインダンスでハーバー全体が包まれ、上空にはパイロが盛大に打ちあがり豪華なレビューショーはフィナーレを迎えます。

②ショーを鑑賞するには

メディテレニアンハーバー周辺であればどこからでも鑑賞できますが、特にショーを見やすい3ヶ所(リドアイル、ハーバー正面(ミッキー広場)、ザンビーニブラザーズレストラン前)は抽選で当選したゲスト専用のエリアとなります。抽選に外れたゲストは、この専用エリア以外の場所から鑑賞しなければなりません(先着順で、スペースが埋まり次第案内終了となります)。1日の公演回数は2回です。

抽選の方法ですが、抽選所に行くか、もしくは自分のスマートフォンでも抽選できます。

抽選所は、ハーバーの近く(ゴンドリエスナック横)にあります。時間帯によっては、抽選を行うまでに少し並ぶ可能性もあるので、時間に余裕を持って行った方が確実です。

一方、自分のスマートフォンで抽選する場合には、専用のアプリをインストールする必要があります。アプリからパスポートのQRコードを読み込んで、抽選します。パーク内のどこにいても抽選でき、なおかつ抽選待ちをする必要がないので、効率よく時間を使うことができます。(いずれの方法でも、抽選できる時間は決まっています。詳しくは、東京ディズニーリゾートホームページか、パーク内のキャストさんにご確認下さい。)

③当選確率は約10%

「イッツ・クリスマスタイム!」の当選確率はどのくらいなのでしょうか?いくつかの数値を仮定して、おおよその当選確率を計算してみました。

まず、当選者専用鑑賞エリアの収容人数を、およそ1200席と考えます。(リドアイル:7

00人、ミッキー広場:300人、ザンビ前:200人と推定)

「イッツ・クリスマスタイム!」は1日2回公演ですので、1日あたりの抽選対象の総鑑賞席数は、

平日・土日:1200席×2回公演=2400席

東京ディズニーシーへの入園者数を平日で3万人、土日で5万人と仮定します。

入園者の60%が、ショーの鑑賞を希望して抽選をすると仮定すると、抽選に参加するゲストの人数は、

平日:30,000人×60%=18,000人

土日:50,000人×60%=30,000人

以上より計算される、「イッツ・クリスマスタイム!」の抽選の当選確率は、

平日:2400席÷18,000人=13%(100人中13人が当選)

土日:2400席÷30,000人=8%(100人中8人が当選)

平日・土日ともに10%程度の当選確率となり、「イッツ・クリスマスタイム!」の当選確率は非常に低いことが分かります。

落選してもショーを見たいという方は、ハーバー周辺の鑑賞エリアからも十分楽しむことが可能です。しかし、このショー目当てに来園するゲストも多くなると予想されるため、時間に余裕を持って場所取りされることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク