パークでお金が尽きたときの対処法3選【東京ディズニーランド・シー】

パークの中にいると、おいしい食べ物を食べたり、可愛いお土産を買ったりと、ついつい出費がかさんでしまいます。気がつけば財布の中身がほとんど空っぽなんていうことも…。

そんなときのために、手持ちのお金が尽きた場合の対処法を3つ紹介します。いざというときのために、覚えておくと便利です。

(情報は随時変更となる場合があります。詳細は東京ディズニーリゾートオフィシャルホームページや現地で確認下さい)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①ATMに行く

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともに、パークの中に三井住友銀行のATMがあります(三井住友銀行は、東京ディズニーリゾートのオファシャルスポンサーなので、パーク内にATMを設置できるのです)。ATMはパークのエントランス付近に設置されています。

東京ディズニーランド

設置場所: ワールドバザール内の三井住友銀行(東京ディズニーランド出張所)内

設置台数: 4台

営業時間: 午前8時から午後9時まで

東京ディズニーシー

設置場所: エントランス入ってすぐ

設置台数: 3台

営業時間: 午前8時から午後9時まで

*利用可能なキャッシュカード、クレジットカードの種類や手数料等は、別途確認ください。

②クレジットカードも使える

パークの中ではクレジットカードを使うこともできます。JCB、VISA、MASTERなど、基本的なクレジットカードは全て使うことができます。ただし、Apple PayやAndroid Payなど、スマートフォンを使った支払いには対応していません。また、電子マネーでの支払いにも対応していません。

【利用可能なクレジットカードの種類】
JCB、VISA、マスター、アメックス(アメリカンエキスプレスカード)、ダイナースクラブ、銀聯(ギンレンカード)、ディスカバーカード

日本以外で発行されたMasterCardは一部利用不可な場合あり。

また、一部の施設・購入品ではクレジットカードを利用することができません。

【クレジットカード利用不可の施設】

・バルーンベンダー

・光るグッズを販売しているワゴン

・ワゴンスタイルの飲食施設(ポップコーンワゴン/アイスクリームワゴンでは利用可)

【クレジットカードで購入不可のもの】
・切手

・ギフトカード

・食事券

など

また、クレジットカードの利用にあたっては、下記注意事項があります。

・本人様名義のカード以外は利用不可。

・サインのないカード、売上票のサインの異なる場合は取り扱い不可。

・カード会社の依頼により電話連絡を行う場合、時間がかかる場合あり。

・現金と併用しての支払いも可能。希望する場合にはキャストに申し出る必要あり。

③オンラインショッピング

2018年夏から、パーク内で販売されているグッズを、オンラインでも購入することができるようになりました。オンラインショッピングを利用すれば、混雑した店舗でお目当ての品を探す必要も、レジ待ちの長い列に並ぶ必要もなくなります。

また、オンラインショッピングはパーク入園当日の夜11時半まで利用(この時間までに注文完了する必要あり)することができます。この時間までであれば自宅に帰ってでも利用することができるので、自宅にクレジットカードを忘れてしまった場合でも安心です。

オンラインショッピングの使い方や送料は、下記リンク先の記事にまとめていますので、ご覧下さい。
オンラインショッピング利用方法まとめ

いかがでしたか?パーク内でお財布の中身が空っぽになってしまっても、クレジットカードやキャッシュカード持っていれば、パーク内で買い物や食事を楽しむことができます。これらの方法を参考に、パークでの素敵なひとときを過ごしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク