【ディズニーランド・シー】ゲリラ豪雨に雷も!そんなときの対処法3選

1日中パークで遊んでいると、突然激しい雨や雷に襲われた…

特に夕立の多い夏場には、こんな日も少なくありません。

傘も持ってないし、雷も怖いし…

そんな時に備えて、3つの対処法をご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①とにかくまずは屋内に避難!

雨をしのぐために、まずは屋内に避難しましょう。東京ディズニーランドであればワールドバザール、東京ディズニーシーであればホテルミラコスタの下かマーメイドラグーンであれば、屋内スペースが広いので避難先にはもってこいです。

これからスポットから遠い場合には、近くのお土産屋さんやレストランなど、屋根付きの場所にいったん避難しましょう。

ただ、周りの人も同じことを考えて行動するので、どのお土産屋さんも一時的に非常に混雑します。子ども連れの場合には、くれぐれも迷子にならないよう気をつけましょう。

②しばらくは屋内にとどまる

夕立の場合には、短時間で雨雲が去るケースが多いです。そのため、他のアトラクションに向かおうとして、無理に屋外に出るのではなく、一旦屋内にとどまったほうが無難です。

特に雷が接近してる場合には、ゲストの安全確保の観点から、屋内にとどまるようキャストさんから指示があります。

この場合、アトラクションやショップ、レストランの出入り口にキャストさんが立ち、雷が去るまで基本的には屋外に出ることができなくなります。雨が止んだとしても、パークから雷雲が離れ、パーク側が「ゲストの安全が確保できる」と判断するまでは屋外にでることができませんので、注意が必要です。

③雨具を買う

激しい雨がおさまったものの、弱い雨がしとしとと降り続いている場合には、傘やポンチョを買って、移動しましょう。

雨が降っている時には、各お土産屋さんに雨具コーナーができ、傘とポンチョが販売されます。子ども用の傘やポンチョも取り揃えられていて、さらに一部店舗では子供用の長靴も販売されます。

ちなみに、雨具はパークのオリジナルデザインのものもあります。雨が降っていない場合には、ショップのキャストさんに声を掛ければ購入することができます。

ただし、当然ながら雨具を買うとお金はかかるので、急な雨に備えて折りたたみ傘やポンチョを持参すると、余計な出費を抑えることができます。

近年はゲリラ豪雨の回数も年々増加しています。パークに遊びに行った際にゲリラ豪雨にあったら、まずは自身の安全確保を最優先とし、キャストさんからの指示があったらそれに従いましょう。

もちろん、1日中雨が降ることなくパークを楽しめるのが最高ですが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク