【当選確率は低い!?】ピクサー・プレイタイム・パズルのショー内容と当選確率

2019年1月から3月にかけて、東京ディズニーシーのメディテレニアンハーバーで開催されるショー「ピクサー・プレイタイム・パズル」。このショーには抽選制が導入されており、一部鑑賞エリアに入るためには、抽選をして当選することが必要となります。

パークの他のショーでも座席抽選制が導入されていますが、この抽選、毎回当たらないという経験をされている方は(私を含めて)多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では「ピクサー・プレイタイム・パズル」の当選確率はどれくらいなのか、おおよその確率を計算してみました。

(*記事執筆時点での情報と、これまでのハーバーショーの抽選情報を参考に計算しています。ショー公演回数などが変更になり、計算結果も変更になる可能性があります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①ショーの内容

「ピクサー・プレイタイム・パズル」は、メディテレーニアンハーバーで公演される、ピクサーの仲間たちと一緒に様々なゲームに挑戦できる、ゲスト参加型のハーバーショーです。

<ストーリー>

ピアッツァ・トポリーノに大集合したピクサーの仲間たちと一緒に、ゲームを楽しむことができる参加型のステージショーです。

ゲストは、『トイ・ストーリー』シリーズ、『Mr.インクレディブル』シリーズ、『ファインディング・ニモ』シリーズの3つの世界で様々なゲームに挑戦し、みんなで力を合わせてゲームのクリアを目指します。すべてのゲームをクリアすると、出演するすべてのピクサーの仲間たちが続々と登場して盛り上がります。今年は『Mr.インクレディブル』シリーズでおなじみのカリスマ・デザイナーのエドナ・モードも初登場。ショーの最後に全員の気持ちが1つになると、たくさんのピクサーの仲間たちをモチーフにした巨大なバルーンが膨らみ、華やかなフィナーレを迎えます。

②ショーを鑑賞するには

ショーの大部分は、ハーバー正面(ミッキー広場)からしか鑑賞することができません。そのため、ハーバー正面(ミッキー広場)のステージに近いエリアは、抽選で当選したゲスト専用のエリアとなります。抽選に外れたゲストは、この専用エリア以外の場所から鑑賞しなければなりません(先着順で、スペースが埋まり次第案内終了となります)。1日の公演回数は3回です。

抽選の方法ですが、抽選所に行くか、もしくは自分のスマートフォンでも抽選できます。

抽選所は、ハーバーの近く(ゴンドリエスナック横)にあります。時間帯によっては、抽選を行うまでにかなり並ぶ可能性もあるので、時間に余裕を持って行った方が確実です。

一方、自分のスマートフォンで抽選する場合には、専用のアプリをインストールする必要があります。アプリからパスポートのQRコードを読み込んで、抽選します。パーク内のどこにいても抽選でき、なおかつ抽選待ちをする必要がないので、効率よく時間を使うことができます。(いずれの方法でも、抽選できる時間は決まっています。詳しくは、東京ディズニーリゾートホームページか、パーク内のキャストさんにご確認下さい。)

③当選確率は3%!?

「ピクサー・プレイタイム・パズル」の当選確率はどのくらいなのでしょうか?いくつかの数値を仮定して、おおよその当選確率を計算してみました。

まず、当選者専用鑑賞エリアの収容人数を、300人と考えます。

「ピクサー・プレイタイム・パズル」は1日3回公演ですが、公演1回目は抽選対象外ですので、1日あたりの抽選対象の総鑑賞席数は、

平日:300席×2回公演=600席

土日:300席×2回公演=600席

東京ディズニーシーへの入園者数を平日で3万人、土日で5万人と仮定します。

入園者の60%が、ショーの鑑賞を希望して抽選をすると仮定すると、抽選に参加するゲストの人数は、

平日:30,000人×60%=18,000人

土日:50,000人×60%=30,000人

以上より計算される、「ピクサー・プレイタイム・パズル」の抽選の当選確率は、

平日:600席÷18,000人=3.3%(100人中3人が当選)

土日:600席÷30,000人=2%(100人中3人が当選)

平日・土日ともに2-3%程度の当選確率となり、「ピクサー・プレイタイム・パズル」の当選確率は非常に低いことが分かります。

落選してもショーを見たいという方は、当選ゲスト鑑賞エリアの後方からも十分楽しむことが可能です。しかし、このショー目当てに来園するゲストも多くなると予想されるため、時間に余裕を持って場所取りされることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク