【ゴミにすらこだわる!?】東京ディズニーランド/シーにゴミが落ちていない理由は?

「なぜ、東京ディズニーランド/シーにはゴミが落ちていないのか…?」

パークに遊びに行ったとき、ゴミが散乱している状況を見た人はほとんどいないと思います。

ディズニーランド/シーは、徹底して「ゴミ」を排除しようとしています。園内には多くのゴミ箱が設置され、多くのカストーディアルキャスト(清掃スタッフ)が昼夜問わずパーク内を清掃し、常に清潔な状態に保つように努めています。清潔さの基準は、「赤ちゃんがハイハイしても汚れない程度」と言われるほど徹底しています。

では、どうしてゴミにそれほどこだわるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「割れ窓理論」

ゴミにこだわる根本的な理由には、心理学の理論である「割れ窓理論」が関係していると考えられます。
割れ窓理論とは、以下のような考え方に基づいた理論です。

「建物の窓が1枚でも割れたままで放置されていると、誰も注意を払っていないことを暗に示すことになり、やがて他の窓も割られてしまう」

このような結果になるのは、自分の中で背徳感(後ろめたさ)を感じる行動をとるかどうか迷ったとき、「自分がやってもどうせばれない」や「他の人もやってるし」などと自分自身の責任を低下させるような判断をして、行動してしまうためです。さらに、この「自分がやってもばれない」という心理が拡大していき、より悪質な行動を取るようになります。

わずかな風紀の乱れが、他の人へ伝播して拡大するのを防ぐためには、乱れが小さいうちに取り除いてしまうことが重要になります。それがたとえどんなに小さな乱れでも、です。

実際に、アメリカのニューヨークでは、市長が地下鉄の落書きや軽犯罪を徹底的に取り締まった結果、殺人などの重大犯罪の件数が大幅に減少し、治安回復に非常に大きな効果を与えた、という事例があります。

ディズニーランド/シーにおける「割れ窓理論」

話をディズニーランド/シーに戻して考えてみます。

先ほどの「割れ窓理論」から考えると、ゴミ1つ落ちていることが原因で、ゴミのポイ捨てが多くなり、いずれは秩序の乱れにつながる可能性があります。重大犯罪とまではいかないまでも、例えば万引きや未成年者の飲酒喫煙など、「見られていないから大丈夫」という心理状態に発展する可能性があります。さらには、それらの行為を注意した人と言い争いになり、周囲のゲストまでも巻き込んで次々に秩序が乱れていく、という悪循環に陥りかねません。

1日数万人が訪れるパークの秩序を維持し、全てのゲストが安全かつ快適に過ごせるようにするためにも、ゴミ1つ落ちていない世界を作り上げる所から始める必要があるのです

これは、ディズニーおよびオリエンタルランドの戦略である「リピーターを増やす」ことに大きく関係しています。リピーターを増やすためには、ゲストの満足度を高め、「また来たい!」と感じてもらうことが重要です。ゲストに「安全かつ快適」に過ごしてもらうことは、満足度向上に直結します。つまり、ゴミを排除することが結果としてリピーター増加につながり、パーク運営側の利益につながると考えられるのです。

しかし、近年はカストーディアルキャストの数が以前よりも減った感じがします。キャストの数を増やせばより清潔なパークを保てるものの、人件費が増えるためパーク運営側の利益は下がってしまいます。近年は、どこの業界でも人手不足で、以前より多くの人件費がかかるようになってきたため、パークもこの影響を受けて、キャストの数を減らさざるを得ないのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク