【混雑の理由】トイストーリーマニア 人気の秘密とは?

東京ディズニーリゾートで最も人気のあるアトラクションといえば、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある、トイストーリーマニアです。

トイストーリーマニアは2012年にオープンした、3D映像を使用したシューティングタイプのライドアトラクションです。3Dメガネをかけて乗り物に乗り、3Dの映像で的当てゲームを体験することができます。

このアトラクション、オープン当初は8時間待ちを記録した超人気アトラクションで、今でも比較的空いている平日でも最低1時間、土日ともなると3時間待ち以上ともなり、オープンから4年以上経過しても、その人気は健在です。

ではなぜ、トイストーリーマニアはこれほどの人気を確立したのでしょうか。本記事では、その理由についてご紹介します。

ちなみに、トイストーリーマニアの回転率が早ければ、待ち時間も短くて済むはず…。そこで、以下の記事でトイストーリーマニアの回転率を計算してみました。

【3人に1人だけ!?】トイストーリーマニアの驚くべき回転率とは?
なぜ、トイストーリーマニアはいっつも混雑しているのか... 東京ディズニーリゾートで最も人気のあるアトラクションといっても過言...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

①シー唯一の子ども向け大型アトラクション

東京ディズニーシーにあるアトラクションは、絶叫系やディズニーキャラクターが登場しないような、いわゆる大人向けのアトラクションが多くなっています。これは、東京ディズニーシーが東京ディズニーランドと差別化を図り、大人向けのテーマパークをコンセプトとして設計されたという経緯があるからです。

しかし、近年はファミリー層の取り込みを狙ってか、子ども向けアトラクションが複数増設されています。東京ディズニーシー開園以降に新規オープンしたアトラクションは、

・レイジングスピリッツ(2005年)

・タワーオブテラー(2006年)

・タートルトーク(2009年)

・ジャスミンのフライングカーペット(2011年)

・トイストーリーマニア(2012年)

・ニモ&フレンズ・シーライダー(2017年)

・ソアリン(2019年)

の計7つです。(新規のアトラクションのみ。新規のショーやグリーティング、アトラクションのリニューアルは含んでいません。)

このうち、2009年のタートルトーク以降にオープンした新規アトラクションは、実際に全てがいわゆる子ども向けアトラクションです。

これらのいわゆる子ども向けアトラクションの中で、トイストーリーマニアは最も大型かつ本格的なアトラクションであり、子どもや絶叫系が苦手な人の受け皿になっているため、多くのゲストが利用すると考えられます。

②自分が主役!体験型アトラクション

トイストーリーマニアの一番の醍醐味は、自分が主役となって体験できること。ゲストは自ら的を狙い、的に命中すると自分の点数としてモニタに表示されます。自分の行動の結果が、点数として可視化されるのです。高得点をとりたいという競争心や◯点以上とりたいといった強い目的意識を持つこともでき、アトラクションに乗る意味を持ちやすいのです。

また、受動的ではなく能動的に自ら行動できるという点で、ゲストの「自分でやってみたい」という欲求を満たすことができるアトラクションでもあります。

さらに、アトラクションに乗るだけ/映像を見るだけ、ではなく、さらに体験できるという付加価値を付けたため、他のアトラクションと差別化され、人気が集まっていると考えられます。

③繰り返し乗りたくなる!

トイストーリーマニアは、上記で述べたように自分が主役になれる体験型アトラクションです。アトラクションに乗るたびに毎回違う結果が出るため、繰り返し乗っても飽きにくく、さらなる高得点を目指して繰り返し乗る意味も出てくるわけです。

また、アトラクションの最後では、自分の得点に加えて月間の最高得点も表示され、ゲストの競争心をあおる仕掛けになっています。

これらの理由から、ゲストが繰り返し乗りたいと思い、人気が長期間持続していると考えられます。

以上のような理由から、トイストーリーマニアは今なお東京ディズニーリゾートにおける人気No.1アトラクションの地位を確立し続けていると考えられます。

今後も当分の間はトイストーリーマニアの人気は衰えることなく、長時間待ちが当たり前という状態が続くことが予想されます。少しでも効率よく乗車できるよう、前もって計画を立てておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク